5分で完全マスター!写真解説で簡単にわかる派遣のお仕事

派遣に登録してみようかな?と考えている方は「キャバクラデビュー」の初心者の方が多いと思います。

そんな初心者の方からよく言われるのが「口で説明されても、イメージできなくて困ってしまう」という事です。
確かにその通りです。

だって、キャバクラに行ったことがないのにイメージできるはずありません。

ここでは、キャバクラが初めての方でも「これだけ押さえておけば大丈夫!」という内容を写真で分かりやすく解説していきたいと思います。

これだけ知ってれば大丈夫!水割りを作る物の名前

まずは、キャバクラで使う物の名前を少しだけ覚えてみましょう。
キャバクラには色んな「専門用語」がありますが、実際に必要な言葉は極わずかです!
すごく簡単ですので、安心してくださいね!

丸椅子

丸椅子

水割りを作るときに座る椅子です。

アイス

アイス

その名前通り、氷の事です。キャバクラではアイスと呼びます。

アイスペール

アイスペール

アイスが入っているバケツです。

マドラー

マドラー

水割りを混ぜるための棒です。

トング

トング

アイスをつかむための物です。

ミネ

ミネ

お水の事でミネラルウォーターの略です。

コースター

コースター

お客様のグラスの下に敷きます。

ゲストグラス

ゲストグラス

お客様用のグラスで大きいです。

レディースグラス

レディースグラス

手前にあるグラスが、女の子用の少し小さいサイズです。

キープボトル

キープボトル

お客様がキープしているボトルです。飲み放題のボトルはハウスボトルといいます。

灰皿

灰皿

灰皿はわかりますよね!

キャバクラデビューでは、これだけ知ってれば充分です。
ほとんど聞いたことありますよね?
全然難しくないんですよ!


その他で、知っておきたい3つのキャバクラ用語

キャバクラ用語でも実際に必要な言葉はわずかです。
沢山は覚えられないので最初は「必要な3つだけ」を覚えましょう。

チャーム

チャーム

お菓子の事です。
お客様が食べるおつまみです。

チェック

チェック

お会計の事です。

お願いします

お願いします

女の子がボーイを呼ぶときは、手を挙げて元気よく「お願いします」と言います。

この3つを覚えていれば接客で困ることはありません。

今から覚えていくことはたくさんありますが、最初は「リラックスして楽しく働く事」が大切なんです!

キャバクラで1番大切なことは、笑顔で明るく接客をすることです!

分からないことがあったり、失敗をしてもいいんです!
最初は誰でも初心者なんですから!
しかし、笑顔は忘れずに意識しましょう!
笑顔で接客することは初心者でも出来ますよね!

思ってたよりカンタンかも♥一緒に頑張りましょ♪


派遣のお仕事の流れ(テーブルマナー)


STEP1

持ち物確認

出勤する前に、忘れ物が無いか確認しましょう。
清潔なハンカチ2枚・ライター・身分証明書をポーチに入れて出勤します。
携帯電話は、サイレントにしておくのを忘れずに!

STEP2

挨拶

「ティアラから来ました○○です。よろしくお願いします。」と言って領収書をお店の方に渡してください。
上着を着ている場合は、脱いでから入店しましょう。 トイレの場所やテーブル番号、待機場所を教えてもらいましょう。

STEP3

待機

ソファーの背もたれによりかからずに、背筋を伸ばして浅く座るようにします。
待機中はオシャベリを控えて、携帯を触るのはやめましょう。
お客様が来店したら立ち上がり「いらっしゃいませ」と笑顔で会釈しましょう。

STEP4

来店

お客様が来られたらまず、おしぼりを渡します。
笑顔で「いらっしゃいませ」といって渡しましょう。
おしぼりは、折り目をお客様のほうに向けて、上座から順番に渡すようにしましょう。

STEP5

おしぼりの交換

手を拭いた後のおしぼりは、きれいに四角く折り曲げて、お客様の手元に置きましょう。
おしぼりが汚れてしまった場合は、「おねがいします」とボーイさんを呼んで、おしぼりを交換してもらいましょう。


おいしい水割りの作り方


STEP1

水割りを作る前に「何を飲まれますか?」と確認しましょう。 「最初はビール」などと言われたら、ボーイさんに「ゲストビール」をお願いしましょう。 ボトルを飲む場合は、ゲストグラスにアイスをいっぱい入れます。グラスからアイスがはみ出るぐらい、いっぱい入れましょう! 最初の1杯目は、なるべく急いでつくってあげましょう。

STEP2

お酒は指1本分ぐらいを目安に注ぎます。最初は少し薄めに作るぐらいが、ちょうどいいです。
ついだ後のボトルはキャップを閉めて、ラベルをテーブルの中心に向けて戻しましょう。

STEP3

お酒を入れた後は、グラスの8割までミネラルを注ぎます。
あまり、ナミナミにならないように気を付けましょう。 お茶割や、ジュース割の場合も「アイス」「お酒」「割もの」の順番で入れるようにしましょう。

STEP4

マドラーで5回ぐらいステアしましょう。
かき混ぜた後のマドラーはピタッと止めるようにしましょう。

STEP5

お客様には、コースターを敷いて水割りを差し上げます。

STEP6

1杯目の水割りの場合は「お待たせしました」「お疲れ様です」と笑顔で一言添える様にしましょう。

STEP7

⑦お客様から「一緒に飲もうよ」と言われたら、「ありがとうございます」「お水割りをいただきます」と言ってレディースグラスに作りましょう。
そして、お客様と乾杯をして頂きます。乾杯をするときは、お客様のグラスよりも下にしましょう。

STEP8

水割りは、しばらくすると、このように水滴で「ベタベタ」になってきます。
グラスが滑りやすいので細かく拭き取るように心がけましょう。

STEP9

グラスの「飲み口」をつかまないように気を付けて、ハンカチで拭き取りましょう。
忙しい週末は、多めにハンカチを用意すると良いでしょう。コースターが濡れてしまっている場合は、新しいものに取り換えましょう。

STEP10

水割りが少なくなったら、グラスの中でアイスが「カラカラ」と音を出します。 この音が聞こえたら水割りを作るサインです。 グラスの水滴を拭き取り、「アイス」「お酒」「ミネラル」の順番で作り直しましょう。


チャームやタバコの対応について


STEP1

1杯目の水割りを出し終えて「乾杯」をしたら、チャーム(お菓子)、フルーツ盛り、オードブルなどが運ばれてきます。 お客様の食べやすい場所に置きましょう。取り皿、フォークなどが必要な場合は取り分けてあげましょう。

STEP2

タバコを吸うお客様には灰皿を、手元にだしてあげましょう。

STEP3

ライターで火をつけるときは、両手を添えてつけましょう。
ライターはジッポやターボライターは避けましょう。
他にも、「他店のロゴ」が入っている様なライターは使用しては、いけません。

STEP4

タバコの吸い殻は、2本たまったら交換します。
落としたアイスや、チャームの袋などが入っている時は使いずらいので、すぐに交換しましょう。

STEP5

「灰皿交換」はきれいな灰皿を、上からかぶせて「灰が飛ばないように」フタをします。

STEP6

フタをしたら、灰がテーブルに飛びちらないように汚れた灰皿を回収します。
その時に灰皿がグラス、チャーム、オードブルなど「食べ物」の上を、通過しないように注意しましょう。


テーブル移動のやりかたとお会計~退店のあいさつ


STEP1

ボーイさんから「○○さんお電話です」と言われたら、少しだけテーブルを抜けて来てほしい、という意味です。
その時は、自分のグラスの上にハンカチを乗せて「ちょっと失礼します」と挨拶をしてテーブルを離れましょう。

STEP2

ボーイさんから「○○さんお願いします」と言われたら、このテーブルでの接客は終わりですよ。という意味です。
「ごちそうさまでした」とお礼を言って、乾杯をしてから離れましょう。

STEP3

お客様から「チェック」と言われたら「お会計」という意味です。
「かしこまりました。ありがとうございます」とお礼を言ってボーイさんに伝えてください。
ちなみに「チェック」のハンドサインは×です。

STEP4

チェックが終わったら、お見送りをします。
お店によって違いますが、「入り口までのお見送り」か、「ドアの外までのお見送り」です。ドアの外まで出る場合は、「ありがとうございました」と頭をさげ、見えなくなるまで見送ります。

STEP5

お見送りが終わったら、本指名の女の子には「ごちそうさまでした」その他の女の子には「お疲れ様です」 と挨拶をしましょう。
お仕事が終わったら、 お店の方には「ありがとうございます。また、よろしくお願いいたします」と挨拶をしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

派遣のお仕事とは、お客様にくつろいで頂けるようにお手伝いをする「ヘルプ」のお仕事です。

お仕事中は、笑顔で礼儀正しく、取り組む様に心がけましょう。

水割りの作り方をマスターして「スマートなお仕事」が出来るように頑張りましょう。

ご応募お待ちしています!

10月末までの新規登録エステ券10,000円分プレゼント!

ワンクリックでお電話できます。

0120-000-602 受付は年中無休・24時間対応