水商売の意味・由来・語源と現代の水商売の位置づけ

 

 

なぜ?キャバクラの事を水商売と呼ぶのか?皆さんは知っていますか?

 

キャバクラで働く以上、知っておきたい知識だと思いましたので、今回は水商売の意味と由来や語源について勉強してみましょう。

 

水商売の語源を調べてみると、なるほど!納得と言う意味が隠されていました。

 

 

水商売の語源

 

水商売とは簡単に言うと「不安定な商売」の事を指しています。

 

お酒を飲むから水商売というわけでは無いんですね。

 

昔は、景気・不景気に関係なく人気によって左右する商売の事を「水商売」と言っていました。

つまり、元々の水商売の幅は物凄く広いんです。

 

飲食店も、スポーツ選手も、モデルさんも、景気で安定する様な商売ではありませんので、全て「水商売」という事になってしまいます。

 

しかし、それは昔の話!今はプロ野球選手の事を「水商売」といってもピンときませんよね?

 

 

いつからキャバクラが水商売になったのか?

 

元々は、人気によって景気が左右される商売の事を、景気が不安定な水物(みずもの)という意味で「水商売」と呼んでいましたが現代で「水商売」と言えば、キャバクラやホストの様なナイトワークビジネスの事を言います。

 

では、いつぐらいからキャバクラが「水商売」となったのでしょうか?

 

さかのぼると、江戸時代にはキャバクラの流れがあったようです!

 

当時は、芸妓や娼婦の事を「泥水稼業」「泥水商売」「泥水かせぎ」などと呼んでおり、現代のキャバクラが「水商売」と呼ばれるようになった語源となっています。

 

色を売って生計を立てている「泥水商売」の方から現代の「水商売」は来ているのですね。

 

当時の「色を売る」という意味と、現代のキャバクラでは少しニュアンスが違いますが、この流れなら「なるほど!」と納得できるのではないでしょうか。

 

 

水揚げと言うけど、なんですか?

 

「水揚げ」という言葉を、聞いたことはありますか?

この言葉も「水商売」関連の隠語なんですよ。

 

現代では、キャバ嬢と付き合って、キャバクラを辞めさせることを「水揚げ」と言います。

 

「人気キャバ嬢を、口説き落として水揚げした」と言う使い方になります。

 

本来の「みずあげ」とは、商人が船から下ろした商品を初めて売ることをいいます。

 

キャバクラで言われている「水揚げ」とは、舞妓や遊女が初めて客に処女をささげること(初夜権)の事を「水揚げ」と呼んでいた所から来ています。

現代と「水揚げ」の意味合いは違いますが、近いものはありますよね。

 

 

現代の水商売の位置付け

 

「水商売」の語源も「水揚げ」の語源も、聞いてあまり気分の良い言われ方では無いですよね。

 

現代のキャバクラは以前の様な偏見は無くなっていて、女子高生のなりたい職業の中に「キャバ嬢」が入るほど、メジャーな存在になっています。

 

出典:いまや「女子高生がなりたい職業」の上位にランクインするようになった”キャバクラ嬢”という職業。

 

以前の様な男に色を売るという陰湿なイメージではなく、男を手玉に取って利用する!ぐらいの女の子が増えてきているのが人気の原因のようです。

 

実際に、キャバ嬢出身の女社長やモデル・タレントや、キャバ嬢から玉の輿にのって、セレブな生活を送っているなど、キャバ嬢は女の子たちが憧れるような存在になっています。

 

女の子達の憧れ!キャバ嬢出身の女社長

出典:愛沢えみりさん

 

 

出典:桃華絵里(ももえり)さん

 

この様に、女性がガンガン稼いでいるキャバクラ社会は、とても魅力的だと思います。

 

キャバクラは日本文化

そして今や、キャバクラは日本を代表する文化なんです。

何でキャバクラが日本の文化なのか?というと

海外では体の関係無しで会話をするだけの為に、お金を支払う意味が理解できないからです。

 

会話だけで金払うなんて意味無い。

 

という考えが多数です。

 

たしかに、キャバクラを知らない方からすると、会話するのにお金を払うなんて勿体無い!となってしまうんですよ。

 

日本でも最初のキャバクラは、3回通ったら店外デートが出来る!

 

という確約ルールから始まっているんです。

 

現代のキャバクラは何回通っても同伴すら出来る保障はありません。

 

つまり、体の関係に至る過程が楽しくて、商売として成り立ったのが現代のキャバクラなんです。

 

会話を楽しみお酒を飲む。

「おもてなし」を大切にしてきた日本ならではのキャバクラ文化が、現代の水商売の意味だと思います。

 

 

 

現代水商売と呼ばれている種類

最後に、現在「水商売」と呼ばれている種類と簡単な説明をしたいと思います。

 

 

キャバクラ

現代の水商売の代名詞と言えばキャバクラです。

セット料金は、60分10000円ぐらいのお店が多く、接客スタイルはマンツーマンが基本です。

お客様が気に入った女の子を指名するシステムで、本指名のキャバ嬢が売り上げを獲得します。

 

 

クラブ

水商売を極めるなら、やはり高級クラブです。

セット料金は、90分15000円ぐらいが相場で、接客スタイルはマンツーマンです。

少し複雑ですが、お客様に指名を貰っても、お店から担当と認められなければ売り上げはつきません。

 

 

スナック

スナックこそが、水商売の原点ではないでしょうか。

セット料金は、時間無制限の5000円ぐらいとリーズナブルです。接客スタイルは、お客様3名にホステス1名ぐらいの割合が主流です。

女の子よりも、お店(オーナーママ)のお客様が多いので売り上げに対するこだわりが少ない業種です。

 

大きく水商売と呼ぶのは上記の3つです

 

他にも、ミニクラブ・ラウンジ・ニュークラブ・メンバーズなどと呼び名がいくつかありますが、地域によって表現が違ったり、お店の規模によって変化するネーミングなので省略しています。

 

ちなみにガールズバーは営業許可上では飲食店なので、「果てしなく水商売なご飯やさん」という位置づけになりますw

 

中洲でお店を探している方は、ティアラにラインください!

ティアラは中洲でキャバクラ派遣紹介会社「中洲派遣ティアラ」を運営しています。
福岡、中洲にティアラ事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な登録店舗数は、1136店舗(2017年11月現在)以上です。
好条件・高待遇の貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

中洲派遣ティアラオフィシャルサイトからでもティアラのラインに直接でも構いません。ラインお待ちしております!

LINEで相談する
QRコードはコチラ!

この記事を書いている人

この記事を書いている人 きたむら わたる

きたむら わたる

中洲のキャバクラ派遣ティアラの社長。
女の子とお店の双方をつなぎ合わせる事に喜びを感じているお店探しの専門家。

詳しいプロフィールはコチラ

「水商売の意味・由来・語源と現代の水商売の位置づけ」に関連する記事

  • キャバ嬢に使える源氏名を50音順で333個集めてみました!

  • キャバクラ派遣で、よく言う「ヘルプの仕事」って何?

  • キャバクラのノルマや罰金が酷すぎる!どんなノルマや罰金があるの?

  • キャバクラ面接で時給をあげる5つのポイント

  • あんた本当にキャバクラ派遣で大丈夫?

  • キャバクラボーイの1日(完全密着)

新着の記事

  • キャバクラ派遣を開業するときに必要な資格や資金

  • 中洲派遣キャバ嬢の心得3つ

  • 売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢の違い【キャバクラ指名講座】

カテゴリー