キャバクラ何歳から?未成年は?住民票は?警察が見つける高校生や未成年!水商売6つの法律

 

 

ナイトワークにはキャバクラ、クラブ、スナック、ガールズバーなど様々な業種があります!

 

 

どの業種も、高時給でとても効率く良く稼ぐことが出来るアルバイトです!

 

しかし、風営法という法律を守っていないと、立派な犯罪になってしまいます。

 

 

お仕事を始める前にしっかり確認してみましょう!

 

 

 

 

 

Q.キャバクラは何歳から働けますか?

 

A.法的には18歳から働けます。

 

 

全日制の高校生でなければ18歳から大丈夫と言われています。

 

つまり17歳はだめだけど18歳の全日制の高校生でなければ高校生でもキャバクラで働けるということを言われる方がいます。

 

注意

しかし、キャバクラはお酒が絡むお仕事で実質、高校生が働くことは出来ない環境にあります。

 

キャバクラのような水商売は20歳から始めるのが好ましいと言う結果になります。お酒は20歳からですので。

 

 

 

 

Q.年齢確認の方法は決まっていますか?

 

A.キャバクラで働くためには身分証明書を提示する必要があります。

 

 

(本人の年齢確認をするためのものであり、これによって昼の会社にばれることはありません)身分証明書に求められるのは次の3点です。

 

  1. 年齢確認ができること生年月日が記載されている身分証明書
  2. 本人確認がとれること顔写真が載っている身分証明書
  3. 本籍地がわかるもの本籍地記載の住民票、またはパスポート

 

上記のうち1つでもかけるとお店側は入店を断ります。

 

必要な情報は、年齢、顔写真、本籍地の3点です。

 

この3点をクリアしている身分証明書はパスポートしか存在しません。

 

 

パスポートを持っていない方は免許証と住民票。学生所と住民票などの組み合わせで提示すれば大丈夫です。

 

 

身分証明書として有効なもの

パスポート、運転免許証、学生証、社員証、住基カード、マイナンバーカード、住民票

 

 

身分証明書として無効なもの

健康保険証、顔写真の身分証が無く住民票のみの場合

 

 

 

正確には警察に提示する必要がある身分証明書は本籍地記載の住民票だけで大丈夫です。

 

しかし、住民票には本人を証明する写真がないため、なりすましがおこなえます。

 

 

なりすましによる未成年者のアルバイトが原因でお店を占めなくてはいけない可能性があるためどのお店も厳しくしています。

 

 

 

 

Q.未成年がキャバクラで働いてバレたらどうなりますか?

 

A.働かせたお店の責任者が逮捕されてしまいます。

 

 

そして、お店は営業取り消しになります。

 

未成年者がキャバクラで働くことはとても重い罪なんです。
絶対にしないでください。

 

キャバクラなどは内装や従業員の給料も高時給です。

 

身分証明書を偽ってなりすましで働いていたことが原因で営業取り消しにでもなったら損害額は超高額になります。

 

キャバクラで働くのは必ず成人してからにしましょう。

 

 

 

 

 

Q. キャバクラで働いていることがどうやって警察にばれるんですか?

 

A.キャバクラの営業は2号営業許可という警察から許可を得て営業しています。

 

 

警察はキャバクラが営業時間などの法律を守っているか抜き打ちで検査に来ます。検査の主な目的は次の項目です。

 

  1. 深夜営業(キャバクラの閉店時間)に対する確認
  2. 未成年者が働いていないかを確認する従業員名簿の確認
  3. 調光など店内の明るさを確認する確認
  4. 構造変更などの店内内装の確認

 

これらの確認をしに来た時に未成年者はばれます。

 

キャバクラでお仕事をするときは必ず身分証明書のコピーを持っていてください。

 

仮に未成年ではなくても身分を証明するものが無かったら長い時間取り調べを受けることになりかねません。

 

 

 

 

 

Q.お店が深夜営業をしたら女の子も罪に問われるんですか?

 

A.女の子が罪に問われることはありませんので大丈夫です。(ただし未成年の場合は咎められます。)

 

 

ただ、身分証明書を持っていないと疑われて長く質問されてりしますので必ずコピーをポーチに入れておきましょう。

 

長いときは4時間ぐらい待たされて順番に質問攻めにあったというケースもありますので身分証明書の携帯はしっかりとしましょう

 

 

 

 

 

Q.レギュラーの友達が給料の未払いや罰金で悩んでいます。キャバクラに労働基準法などはあるんですか?裁判も考えています。

 

A.お店によっては入店時に労働契約書をかわすお店も存在しますが、あまり聞きません。

 

 

実際に合ったトラブルとしては給料未払い、高額すぎる罰金、入店時と話が違う。

 

辞める話をしたら当日でくびにされて、給料を下げられて、渡されたなどです。

 

このようなトラブルは残念ながら解決しないケースが多くほとんどの女の子が泣き寝入りさせられている現実です。

 

キャリアがあって自分でお店と対等に話ができる方はいいのですが、そうではない方は派遣事務所に所属して全額日払いにすることが1番トラブルがないと思います。

 

派遣は抵抗があるという方は、派遣事務所からレギュラーのお店を探して貰う形もあります。間に入ってもらうことでトラブル軽減になりますので交渉しずらい方などはお勧めです。

 

 

中洲でお店を探している方は、ティアラにラインください!

ティアラは中洲でキャバクラ派遣紹介会社「中洲派遣ティアラ」を運営しています。
福岡、中洲にティアラ事業所を構え、経験豊富なスタッフが多数在籍しています。

ご紹介可能な登録店舗数は、1136店舗(2018年11月現在)以上です。
好条件・高待遇の貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

中洲派遣ティアラオフィシャルサイトからでもティアラのラインに直接でも構いません。ラインお待ちしております!

LINEで相談する
QRコードはコチラ!

この記事を書いている人

この記事を書いている人 きたむら わたる

きたむら わたる

中洲のキャバクラ派遣ティアラの社長。
女の子とお店の双方をつなぎ合わせる事に喜びを感じているお店探しの専門家。

詳しいプロフィールはコチラ

「キャバクラ何歳から?未成年は?住民票は?警察が見つける高校生や未成年!水商売6つの法律」に関連する記事

  • 中洲派遣キャバ嬢の副業が会社バレしない確定申告とマイナンバー

新着の記事

  • 中洲シングルマザー講座(託児所・夜間保育)完全ガイド【キャバ嬢向け】

  • キャバクラ面接で時給をあげる5つのポイント

  • キャバ嬢派遣で働くときに必要な持ち物(ストッキング/パンスト・ポーチ)

カテゴリー