人見知りでもキャバ嬢で働ける?コミュ障はキャバクラで治せる

コミュニケーションが大切なキャバクラのお仕事ですが、人見知りの女の子はキャバ嬢としてやっていけるのでしょうか?

この記事では、人見知りキャバ嬢は活躍できるのか?人見知りをしてしまう女の子がキャバクラで働く時に気を付ける事などを説明します。

自分は話すのが苦手、コミュ障ではないか?と気にしている女の子は参考にしてください。

 

人見知りでもキャバ嬢は出来るか?

人見知りでもキャバ嬢を出来るか?ですが、できます。

出来ますし、むしろ人見知りは財産ととらえて良いと思います。

人見知りの女の子は繊細で人の気持ちがわかるので、空気が読めてキャバ嬢に適している事があります。

 

プライベートで人見知りでも仕事なら話せる

人見知りのキャバ嬢さんはとても多いです。

人見知りなのに接客では笑顔で明るく会話できているのは何でか?と言うと、プライベートとお仕事でスイッチを切り替えているからです。

例えば、プライベートでの会話は苦手でも、会議で資料を読んで発表する事は出来ませんか?

これは意識の問題で、絶対に発表しなくてはいけない役割と決まっているからです。

これと同じで、プライベートの会話とキャバクラ接客中の会話も大きく違います。

プライベートの会話にお給料は発生しませんが、キャバクラの会話はお給料が発生しています。

気持ちの切り替えも心構えも全く違いますので、人見知りを気にしている場合じゃないです。

半ば強制的に会話をする事になりますので、人見知りでも勤勉な女の子なら必ず話せます。

 

人見知りこそキャバクラで働くべき

先程の項目でも書いた通り、キャバクラで働けば嫌でも初対面の人との会話をしなくてはいけません。

お仕事として会話をするので「人見知りしてる場合じゃない」と言うのが正しい感覚です。

覚悟が決まれば甘えも消えますので変に構えなくても自然と話せますので大丈夫です。

それに、キャバクラには会話のプロが沢山います。

会話上手なお姉さんたちの接客を見ているだけで会話のテンプレートが生まれて、パターンで話せるようになります。

お姉さんの会話術をマネしながら自分の会話キャラクターを設定していく新人キャバ嬢さんは多いです。

キャバクラで働いている女の子たちは会話のプロです。

それは気持ちを察するプロということなので、人見知りのキャバ嬢さんが緊張している姿を見て察してくれます。

人見知りで会話が苦手。と思っている女の子ほどキャバクラで働いてみるべきだと思います。

 

人見知りキャバ嬢が気を付ける事

人見知りキャバ嬢が気を付けなくてはいけない事を書き出します。

まず、人見知り自体は悪い事ではありません。

人見知りは誰にでもある事なのでOKなのですが、人見知りをしすぎて「不愛想」と感じられると問題です。

話すことが苦手なキャバ嬢さんでも、不愛想にならないように「挨拶」だけは徹底しましょう。

会話が出来なくて不器用でも笑顔と礼儀があれば絶対に大丈夫です。

 

人見知りキャバ嬢は「失敗する」と思って働くべき

人見知りの原因は緊張です。真面目で完璧主義こそ失敗を恐れて自分が出せず会話が続きません。

誰でも失敗はしますし、失敗して当たり前です。

キャバクラ初心者の女の子がノーミスで上手くいくわけありません。

今は有名な人気キャバ嬢さんも駆け出しのころは失敗を繰り返しています。

完璧にしなくてはいけない。と思う事が邪魔な考えなのでリラックスして会話を楽しんでください!

 

人見知りキャバ嬢は「人を信じてみる」こと

人見知りキャバ嬢さんは「人を信じない」傾向にあります。

同僚のキャバ嬢や先輩キャバ嬢と女の子だけの職場でコソコソ話をされていないか?など疑い出したらキリがありません。

疑いの心は、壁を作りますのでコミュニケーションの妨げになります。

もし、人を信じる事が出来ないときは、許すことが大切です。

陰で悪口を言われても、ねたまれたりされても、自分にも同じ心はあるはずです。

裏の部分まで考えて、人間はみんなそんなもんだ!と思えば楽になります。

自分も陰口ぐらい言ったことあるはずです。誰でも多少は言ってます。そんなもんです。

 

人見知りで「恥ずかしがりや」さんは損をする

人見知りも度を越すとマイナスです。過度な恥ずかしがり屋さんは損をしてしまいます。

アピールがお仕事のキャバクラの世界では図々しいぐらいが丁度良いです。

恥ずかしがっていて得をすることは1つもありません。

損を繰り返して良いと思うのであれば別ですが、この記事をここまで読んでいる方は、そうは思っていないはずです。

恥ずかしがっている場合ではないので、自分の殻を壊す事にチャレンジし続けていきましょう。

いつの間にか無意識に変わっているはずです。

 

人見知りキャバ嬢の「最大の敵」は自分自身

人見知りキャバ嬢の敵は自分自身です。

人見知りは病気ではないので努力で改善できます。

とはいえ、いざとなるとブレーキがかかってしまうのが人見知りです。

人見知り対策は、普段の準備が効果的です。まずはできる事からはじめましょう。

  • 笑顔で挨拶を欠かさないようにする
  • 先輩キャバ嬢の会話のパターンを練習する
  • 1人カラオケで歌える歌を練習しておく

このように、いざという時の為に普段から反復練習をしておくことが人見知り克服のスタートラインです。

いつでも対応できるように繰り返し繰り返し行う事で自信につながります。

10回しか歌ったことがない歌を人前で歌うのは心配でも、10000回練習していたら誰でもリラックスして歌えます。

地味に感じるかもしれませんが、人見知りを改善したいのであれば日々の努力から自信をつける事が一番の薬です。




中洲でお店を探している方は、ティアラにラインください!

ティアラは中洲でキャバクラ派遣会社「中洲派遣ティアラ」を運営しています。中洲最大級の契約店舗数で、好条件・好待遇の貴女にピッタリの働きやすいお店をご紹介させていただきます。

以下のLINEからお気軽に相談・または登録希望のご連絡お待ちしております!

中洲派遣ティアラ マツコ会議で中洲派遣ティアラが中継されました!登録女性募集中!エステ券10,000円分プレゼント!中洲派遣会社ティアラの登録はこちらへ!